Oライン脱毛の注意点

| 未分類 |

まだそれほど一般的ではないOライン脱毛ですが、もしも処理したいと言う事であれば自己処理は避けた方が良いようです。
                                                                                      

他人に見せるのは恥ずかしい部分であり、なるべくなら自分でやってしまいたいと思うかもしれませんが、自分では見え辛くとてもデリケートな部分ですので自己処理でカミソリなどを使うとダメージを受け、あとで後悔することになってしまう事が多いのです。
ですから、やはり脱毛サロンやクリニックなどで施術をお願いするほうが間違いありません。
しかし、いくらプロに任せると言っても注意点もあります。
いきなりOラインを脱毛すると言うのは危険で、自分がその脱毛法で大丈夫なのかまず他の安全な部位で試してみるのがお勧めです。
脱毛法はワックス、レーザー脱毛、光脱毛、針脱毛などがありますが、まずワキや腕など自分でも処理をした経験があり比較的ダメージを受けにくい部位を脱毛してもらい、施術の痛みもそうですが施術を行うお店や技術者が信頼できると分かってから、Oラインもお願いするようにした方が良いでしょう。
Oラインは色素沈着しやすい部位であり、場合によってはレーザーや光の照射を断られることもあるかもしれません。痛みが強かったり反応し過ぎて危険だからなのですが、その時はワックス脱毛や針脱毛などの方法に変えなければなりません。